人生のドラマは自分でつくる! ドラマセラピスト中野左知子オフィシャルウェブサイト

恋愛ドラマセラピー

  • HOME »
  • 恋愛ドラマセラピー

幸せな恋愛、結婚のためのドラマセラピー

DSC_6983

「運命の人はいくつになっても現れる—恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れる」
アマゾンの結婚部門で、何度も1位に輝きました! 本を読んでくださった皆様、ありがとうございます。
ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる―あなたの中の美人が目覚める
(アマゾンのリンクが開きます)

 

恋愛ドラマセラピー

年齢を重ねたからこそ
「自分らしい幸せな結婚」をすることができるということを、

あなたは知っていますか?

そんな「大人の女性」たちのための結婚準備をするのが、恋愛ドラマセラピーです。

35歳を過ぎても、40代、50代になっても、大好きな人と、幸せな結婚をすることは可能でしょうか?
私はYES!可能だと思っています。

しかし、婚活をされている多くの女性たちが、「35歳がボーダー」だと思っているようですし、男性側も「35歳以上の女性」は好まないとよく聞きます。

なぜ年齢を重ねることが、こんなにもネガティブなことになってしまうのでしょうか?

私は、20歳の頃よりも、25歳の頃よりも、30歳の頃よりも、今の自分の方が、人間的にもっと成長し、魅力を増したと思っています。

結婚は「分離されていた二者の再統一」であり、「結婚は単なる肉体関係ではない。それはひとつの試練です。そしてその試練とは、二者が一体になるという関係において、エゴを犠牲にすることを意味しています」と、アメリカの神話学者、ジョーゼフ・キャンベルが言っています。(ジョーゼフ・キャンベル&ビル・モイヤーズ著『神話の力』より)

つまり、結婚とは、通常の「自分」を超えた、「ふたりとしての自分」のためのものであり、私たちが考える以上に、もっともっと深い結びつきではないでしょうか。

「パートナーシップを築く」という意味で結婚をとらえ、その中で、いかに人間として成長していけるのかが重要なのです。

 

女性の生き方は、時代とともに、大きく変化しました。

祖母や母が若い頃、どれだけの女性が、自分の好きな仕事を追求できたでしょうか? どれだけの女性が、旅行や趣味に時間を使えたでしょうか? どれだけの女性が、恋愛を楽しめたでしょうか? どれだけの女性が、「自分らしい人生」をデザインすることができたでしょうか?


女性がもっと自由に生きる選択肢を与えられた時代に、
なぜ私たちは、今まで通りの古い結婚観に振り回されるのでしょうか?

 

もちろん10代、20代で運命の人と出会い、素晴らしい結婚をされる方もいます。
でももしも、相手に出会わずに30代、40代になってしまったのだとしたら、
「自分らしい結婚をするための準備をしてきた」と考えてみてはいかがでしょうか?

 

でも、「自分らしい幸せな結婚」をするためには、
いくつかの心のお掃除をしなくてはいけません。

結婚ができないのは、年齢のせいでもないし、周りにいい人がいないからではありません。
結婚ができないのは、たくさんの「心理的障害」があるからです。
これをクリアにしていくと、まるで魔法のように、相手がみつかります。

その「心理的障害」とは一体何なのでしょうか?

私たちは結婚したいと願いながら、実は心の奥底で、結婚を恐れていたり、自由を奪われるようなものと思っていたりします。
あるいは、男性は浮気をするとか、女性ばかり苦労するなどのような悪いイメージを、親から受け継いでしまい、
いつの間にか、結婚に対してマイナスなイメージを持ってしまっていたりします。
そういう無意識に持っている「心理的障害」が、私たちが、結婚に進んでいくことを邪魔してしまうのです。
私自身が自分の結婚のために、色々なことを試し、理解したことを、今までクライエントさんたちに教えていました。
それを「恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー運命の人はいくつになっても現れる」
のまとめました。
さらに、この本をベースにしたワークショップやオーディオセミナーを紹介しています。

 

私が恋愛ドラマセラピーを紹介している理由

私は子どもからお年寄りまで、様々な年齢層の方に、色々な場所で、
ドラマセラピーのセッションをさせて頂いております。

年齢に関係なく、多くの方の心の傷は、
家族との問題に関係していることがほとんどです。

特に子どもたちは、虐待を受けていたり、事情があって親と一緒に暮らせない子たちばかりです。

 

子どもたちとのドラマセラピーを通して、私は時に、「何もしてあげられない」と、
無力な自分を感じる時があります。

 

一体私に何ができるんだろうか?と考えました。

「親のせいだ」というのは簡単です。
でも、その親たちもまた、辛い環境の中、子ども時代を過ごして来た方ばかりです。

私たちは、親から学んだ接し方を、そのまま無意識にただ繰り返しています。

それが原因で、健康的な家族関係を築けないのなら、どこかで、その「無意識の反応」に気づき、
変えていく必要があります。

結婚前に、家族の持っている問題や本当の自分の気持ちを見つめることは、大変役に立つのです。
ある程度年齢を重ねたからこそ、ここまで自分を見つめることができるのです。

私自身も、結婚する前に、自分の持っている
「無意識の行動パターン」を変える努力をしました。

幸せな結婚をすることができる人が増えたら、
子どもたちももっと幸せになると、私は信じています。

だから、これから結婚する方は、
責任もって幸せになってほしいと思っているのです。

幸せな夫婦は、子どもの幸せになる。大げさかもしれませんが、
きっとそれは、世界の平和にも貢献できると、私は信じているのです。

恋愛ドラマセラピー関連のワークショップについてはこちら(リンククリック)をご覧ください。

 

 

変わりたい、自分を変えたい、もっと自分を好きになる、そして結婚する!

 

自分と向き合うのは、とってもしんどいし、勇気のいることです。だからなかなかやる気持ちにはなれません。
拙著を読んでくださったあなたは、きっと「幸せに結婚したい」と願っているのだと思います。
でも、恋愛がうまくいかなかったり、将来を明るくイメージできないこともあるのではないのでしょうか。

もしも、「私は自分が好きだし、自分の未来は明るい」と自分の人生を信頼できているのであれば、
こんな面倒な、心のワークなんてする必要はありません。

でも、結婚できるか不安、将来が不安、自分にそんなに自信がない・・・から、結婚が難しいのでは?と思うのであれば、
ぜひ「結婚を邪魔する心理的障害」をクリアにしてから結婚したほうが絶対いいんです。

 

なぜか、というと。

 

自分のことを好きになったほうが、もっと幸せな結婚を引き寄せられるから

今よりも絶対に成長した自分が選ぶ結婚は、もっと自分に合った結婚だから

自分を好きになると、子どもを安心して育てることができるようになるから

自分が作っていく家庭が、心身ともに健康なものになるから

どんな問題が出て来ても、向き合える勇気と自信が手に入るから

もっともっと自分の人生を信頼できるので、結婚生活がもっと充実するから

パートナーと共に、お互いを高め合い、さらに成長していけるようになるから

自分もパートナーも、そして子どもたちも、自分らしく生きていくことが可能になっていくから

あなたが育てていく子どもは、きっと自分のことが好きで、自信を持てるようになるから

 

結婚する前に、自分を見つめることができるのは、ラッキーなんです。

 

このワークショップを受ければ、すべて問題解決!というわけにはいきません。でも、そのきっかけになります。

このハードルの高い「ドラマセラピー」に挑戦し、しかも自分と向き合うというとてもしんどいことをするということは、
あなたに勇気がある証拠だし、あなたが「変わる」と自分に決意する機会となるでしょう。
ドラマセラピーは、人生を変えるきっかけとなるくらい、大きなインパクトを心に残してくれる、とてもパワフルなワークです。
このワークショップは、ある意味、自分の魂の成長のための「通過儀礼」だと思います。
勇気がいるバンジージャンプみたいなものです。

 

 

これに挑戦したら、どんなあなたが待っているでしょう?
ほんの少し、勇気を出して、ぜひ一緒にワークを受けてみてくださいね!
私も真剣にあなたと向き合いながら、あなたの「心理的障害」をクリアにするお手伝いをします。

 

恋愛ドラマセラピー関連のワークショップについてはこちら(リンククリック)をご覧ください。


PAGETOP
Copyright © Drama Therapy All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.